■アリジゴクってどんな生き物?
アスレチックポイントで人気No.1の「アリジゴク脱出」。みんなは本当のアリジゴクをどこまで知っているかな?


いちどはまったら脱出不可能!ありじごくは罠しかけの名人です。
土を放り投げると、細かい粒は手前に落ち、大きな粒は遠くまで飛びます。つまり、アリジゴクの中心には細かい砂ばかりになるということ。細かい砂の方が、より急なアリジゴクを作ることができるのです。

それだけではありません。アリが罠にはまると、どんどん砂を投げつけ、アリジゴクから脱出しようとするのを妨害するのです。

アリジゴクはアリの体液をすって、他の部分を捨ててしまいます。アリジゴクは1年から2年ほどでさなぎになり、その後1ヶ月で成虫になります。


成虫はウスバカゲロウと呼ばれ、すきとおった羽が美しい昆虫です。ところが、なんとウスバカゲロウは1ヶ月以上も生きます。

カゲロウの命がはかなく、数日しか生きていられないというのは、別のカゲロウのお話なのです。 アリジゴクの成虫はウスバカゲロウだが、その命は決してはかなくない(!?)のです。


生き物の不思議に興味が沸いてきたキミは体験プログラムに参加してみよう!
 
 
 
森の不思議探検
ハンドクラフト
森の国森の国 [営業時間 9:00〜17:30]
〒689-3319 鳥取県西伯郡大山町赤松634(大山観光道路沿い 県道24号線沿い)
TEL 0859-53-8036 FAX 0859-53-8004 お問い合わせフォーム キャンセルについて