■遊具の一生
アスレチックはこうして作られています。
〜森の国がこだわり続けているポイントの製作現場〜
ボクたちの一生のように、アスレチック遊具にも面白い物語があるんだって。
ちょっとのぞいてみよう。

遊具は樹齢20年以上
の杉やヒノキの
間伐材で製作する。
秋から冬が伐採の頃。
雪のなか森へ出かける。
鹿やうさぎに出会うことも。
木の皮を1本1本
手作業でむく。
仕上がりは自然の風合いに。


森を壊さないために大型車両を
使わない。知恵と工夫で材木を
運び吊り上げ、設置する。
スコップで穴を掘り柱となる
木を埋める。環境に配慮し
基礎のコンクリは入れない。
柱の根元の土を突いて固める
ための「突き棒」は、園内に
自生するエゴノキから製作。


自然の木には凹凸や虫の
かじった穴も。そんな木に
人はわくわくするもの。
遊具として活躍するのは約
3年間。役目を終えた遊具は
マキとして第2の人生を始める。
マキはキャンプファイヤーや飯ごう炊飯、冬のハウスのストーブの燃料となり、一生を終える。


アスレチック遊具の物語、いかがでしたか?
森の国の遊具やアスレチックポイントは、一部を除きそのほとんどを自然の木で作ります。まもなく腐食が始まるためこまめな点検が必要となり、1つのアスレチックポイントは3年から5年でリビルド(解体&作り直し)しなくてはならない大変手間のかかる作業です。

しかし自然の木には、他にはない魅力があります。またこどもたちが素手で触れ遊ぶ遊具だからこそ、森の国では自然の木にこだわり続けています。そんなアスレチックで、どうか木の感触を楽しみながら遊んで下さいね!

                                         

 
 
 
 
森の不思議探検
ハンドクラフト
森の国森の国 [営業時間 9:00〜17:30]
〒689-3319 鳥取県西伯郡大山町赤松634(大山観光道路沿い 県道24号線沿い)
TEL 0859-53-8036 FAX 0859-53-8004 お問い合わせフォーム キャンセルについて