米子のありとあらゆる情報を掲載していきます。観光情報やグルメはもちろん、ショッピングから救急病院まで、米子への旅行や毎日の生活にお役立て下さい。
  last up date 2000年05月11日
 


安養寺
瓊子内親王の開基になる寺。

  ■所在地 米子市福市  
   
   
   
?南北朝時代、後醍醐天皇の皇女瓊子内親王の開基になる寺です。元弘2年(1332)後醍醐天皇が隠岐へ配流されたとき、16歳の内親王は女童に姿をやつしてまで父を慕って随行されましたが、発覚して隠岐へ渡ることができず尼となり、安養尼と名のって24歳までの生涯をこの地で送られました。内親王の墓所、内親王座像などがここにあります。また隠岐へ渡ろうとっしたとき船からおろされ、そのくやしさに内親王が栗を噛んで捨てたところ芽を出したという栗の木(歯形栗)があります。寺門の瓦などには「菊の御紋」が刻まれ皇族墓所としてのたたずまいをしのばせています。
   
   
   
   

  ●情報提供 米子商工会議所  
   
   
  ●掲載者 staff  



米子駅前から情報発信!米子の総合情報サイトYonago Guideに情報をお寄せ下さい、米子のおもしろ情報をどんどん掲載します、サイト内のクチコミ情報局のフォームかE-mailでお願いします。